普通科国際英語科

● 国 際 英 語 科 の 特 色 ●
                   


*下の画像をクリックしていただくと、平成31年度入学生用の
 「国際英語科」のパンフレットをダウンロードしていただけます(PDF)。

4月下旬の語学学習合宿
 普通科のオリエンテーション合宿とは異なり、英語のみを使用言語とする語学合宿(English Camp)です。生徒10名に対して1名の外国人講師が指導します。

○2月上旬の校内スピーチコンテスト

レシテーション(暗唱)とスピーチ(創作)の二部門です。本校の日本人教師と英語教師による指導を受けて、スピーチコンテストに向けての準備をします。外部から専門家を審査員に招きます。

・その他海外からの学校訪問があった場合などは、国際英語科の生徒及び国際英語科の生徒が多く所属する「外国語研究部」が歓迎行事を担当・運営します。
 詳しい様子は国際交流のページをご覧下さい。

 その他のスピーチコンテストにも積極的に取り組んでいます。外国人教師と日本人英語教師による指導で、正しい発音を身につけることができます。また、大勢の前で英語を話すことにより、自信もつきます、国際英語科としてグローバルな視点を持ち、様々な活動に積極的に挑戦していってほしいと思っています。

↑授賞式の様子

2017年度 受賞生徒


 ≪布池外語専門学校 スピーチコンテスト≫

2015年度 暗唱の部 3 

≪長久手町国際交流協会 スピーチコンテスト≫

2015年度  日本人の部  優勝 

2016年度 日本人の部 準優勝 

留学生の部 準優勝 

≪神戸女学院大学 絵本翻訳コンクール≫

2017年度 優秀賞 国際英語科2年 眞岡 航大

 

≪南山大学短期大学部 英語オーラルインタープリテーションコンテスト≫

2015年度 審査員特別賞 The Little Engine That Could

            国際英語科1年生4名、国際英語科2年生3名

2016年度 審査員特別賞 The Shopping Basket

            普通科1年生2名、国際英語科1年生4名

2017年度 第2位 Not Mines, But Flowers

     普通科1年生1名、普通科2年生2名、国際英語科2年生5名


■ 校外スピーチコンテストの成績 ■


名東生は校外スピーチコンテストに積極的に参加しています。

〇「グローバル語り部派遣事業」による講演会(年に1回)

 「グローバル語り部派遣事業」による講演会は、世界で活躍した経験を持つ方からお話を聞く、大変貴重な機会です。毎年異なったテーマを扱い、国際社会において自分はどのように役に立ちたいかを考えます。

 

2015年度 福嶋 由里子 氏(内閣府男女共同参画局)

2016年度 岩淵 智広 氏(国連 ESCAP South and South-West Asia Office Assistant  
            Communication Officer

2017年度 松井 直美 氏(おが菜園代表・JICA青年海外協力隊OG

      2017年度 生徒の感想


■ 国際英語科独自の行事 ■
異文化セミナー 「イスラム教徒の生活」
名古屋国際センター講師ベガム・シャムシャド氏 
アメリカ大使館広報・文化交流担当公使
マーク・デイビッドソン氏講演会


 この学習活動を「ワールドスタディーズ」と名付け、国際英語科の複数の授業の中で系統的に学んでいきます。その実践の場として、国際英語科の生徒全員が参加する、海外への修学旅行を設けました。

 そして、「思いのままに英語を使いこなそう」という目標。 実際の問題解決の場面では、国際語としての英語の力が不可欠です。英語を母国語とするアメリカやイギリスなどの英語圏の人々だけでなく、英語を母国語としていない国の人とも、英語を使って、コミュニケーションを取ることのできる力をつけていきます。

 この二つの目標を実現するために、従来の授業や諸行事をさらに充実させました。


 


 

・従来の「英語科」では「バランスの取れた英語力の伸長」を第一の目標とし、また様々な国際交流活動の実践に力を入れてきました。

・名東高校「国際英語科」では、第一の目標に「世界中どこでも役立つ人になろう」という言葉を掲げました。世界では今、様々な問題が起こっています。

そして、それは私たち自身にも、無関係ではありません。そのような問題解決に貢献できるようになるための基本的な力、つまり、世界の情勢、各国の文化や歴史など、国際人として必要な「教養」を身につけることを目標としています。


「世界中どこでも役立つ人になろう」「思いのままに英語を使いこなそう」

■ 国際英語科とは? ■

■ワールドスタディーズ■


ESDの理念やノウハウを積極的に取り入れた名東高校独自の授業で、国際英語科の1・2年生が受講しています。

・また、2年生ではゼミ活動も行います。

  平成29年度のレポート(1年生12
  平成28年度のレポート(2年生)
・授業の目標として、
 
 「世界中どこでも活躍できる人になろう」

を掲げています。


■ 授業内容・特色 ■

・総授業時間数の約3分の1が、英語の授業です。
 *普通科の約2倍です。                 

・英語の授業の約3分の1が、ロサンゼルスからの外国人講師の先生の授業です。
 *20人程度の少人数授業です。

・国際英語科独自の専門科目の授業があります。
 *資格試験対応やプレゼンテーションなど様々な内容です。

・海外からの留学生と日常的に交流します。
 *国際英語科のクラスには、毎年留学生が在籍しています。授業や行事の時も一緒に学校生活を送ります。

・国際英語科専用の特別教室が2つあります。
 *一人一台のコンピュータの完備したLL教室に加えて、発表用ステージを備えた
専用の語学学習室があります。


LL教室
語学学習室

2年次 秋(11月)の海外修学旅行

 目的地は海外です。現地で英語を学ぶ高校生などと英語を使って交流します。
「国際語」としての英語の実践の機会です。

○異文化セミナー(学期ごとに数回)
 海外で実際に活動をしている日本人の方や、外国から日本に来て活動をしている方の体験談を聞きます。彼らはいろんな場面で英語を使って世界の人々のために役立つ活動をしています。「国際英語科」の二つの目標、「世界中どこでも役立つ人になろう」、「思いのままに英語を使いこなそう」を 実践している人々です。将来に向けて大いに参考となる、大変貴重な機会です。